インタビュアー画像

「何かの専門家になるんではなく、頑張ってる人を応援したい」

何かの専門職ではないスペシャリスト。正直少し、意味がわからなかった。しかし会って話す時に、彼の真骨頂を見た。 インタビューをしている時に、周りの人がどんどん声かけてくる!それに対してどんどん答えるから、インタビューが進まない。 そして一人一人にインタビュワーである私のことも話す為、話を聞きに来た私の方が色んな人と話している。笑顔で。 彼はそれを笑顔で見ていた。何がそうさせたのだろうか、そして何故笑顔になっていたのだろうか。 彼の目指す場所はどこなのか、迫りたいと思う。

  • b-LAVO bill
  • [ 業種 ]コワーキングスペース運営、映像制作・編集、誰かと誰かの間にいる、巻き込まれ屋
  • [ お仕事の詳細 ]ONOFFじゃない生活の一部としてコワーキングスペースの運営。 地域の課題や、個人のやりたいことなどをここで繋がり、話すことで、新しいことに繋げていく。 今ない何かを「探す」・「育てられる」そんなスペースで常に新しいことを探しています。
  • [ 活動エリア ]千葉・八街市
お仕事募集 ‐お力になれる事‐ 

・個人事業の何が困っているのか、何が足りないのかなど色々考える力、そして新しいつながりに結び付ける力があります。
・動画作成の業務や動画自体を作るに至るまでの打ち合わせなど。
・多業種の連携において、新たな可能性を探せる。
上記三つなどの相談や、相談場所の提供など様々なことが出来ますので是非一度ご連絡ください。
―なぜその仕事を選んだか?その仕事で提供できる価値は?
おせっかいしたいんです。ただその一言。 実は、音楽のプロデューサーを目指して専門学校に行って、なかなか芽が出なくて、ただ年を重ねて 色んな事に揉まれているうちに、人をプロデューサーすることから、その空間や、その人自身をどう世の中に見せるか? など考える時間が増えて行った。 そう考えるとこの技術があったらもっと綺麗に、かっこよく見せられるかな?もっと何かいい見せ方はないかな〜など考えていくうちに その道の専門家と会う機会が増えて行き、 その中で、この人は素晴らしい技術を持っているんだけど、なかなか他のジャンルの方々とコミュニケーションをとる機会が少ない 苦手、というタイミングを多く見ていくことが増えた。 その時にそれぞれの道のスペシャリストがいるんだからその人たちをプロデュースしていこう という考え方にいたり、その仕事に情熱を持って動こうと この職種を選びました。 この仕事で提供できる価値は 多方面の専門家が自分だけではなくそれぞれの能力を活かせる可能性が広がり、そこから生まれる複合型の何かが生まれます!
―仕事の課題や苦労はありますか?
かなりありますね、最初のタイミングは早く現金化しようと思い、色々動いていましたが、それぞれが個別で自分の事業を実践しているので、自分が入ることで利益を横取りされるのではないかと、かなり警戒されました。 それは確かに、そうですよね。後から入って来た人が自分の利益をとったらそれは嫌だ。 なので自分の場合は、まず新しい利益や、価値を提案する場所作りをする必要があると気づきました。 そこから生まれる新しい利益なら、人は喜んで分け合える。ここが実感として理解できるまでかなり時間かかりました。 さらに人は新しい事にはドキドキするけど、どんどんお金を投資するわけではない なのでその専門家たちがすでに儲かる仕組みできているに新しい事をする事に対して熱意は必ず同じではないのでその距離感も大事ですね。 そしてノウハウがない、やらなかった事をやろうとしているので誰が成功したとか聞かれます。 誰もやってないから自分でやる・・まあ理解は難しいですよね。 他にも色々ありますが、新しいものが混ざるかもしれないことに対しての不安感につど苦労しながら立ち向かってます。
―ストレス解消法はありますか?
人に会わない事です。 音楽聴いたり実家の猫と猫語(?)で話したりしてます。 こうゆう時携帯のメッセージ機能って優秀ですよね、気持ちは休みたいけど、連絡が止まらない! 返信スピードは落ちますけど、返してます。 無になる時間を無理やり作ってます。
―今後の展開を教えてください
オンラインでもオフラインでも同じことをやろうとしてる人はいるはずなので、まずは仲間探しをしながら、全国で繋がれるネットワークを作りたいと思ってます。 細かいことはおそらくまだ決まってません。 理想は今のまま、現場で動きたい、色々な人に会って、色々学び、色々悩みたいです。 ですが、この事業は、あくまでも人と人をつなぐ事業なので、その中で自分の想いを受け継いでくれる人がいてくれたら引きつきたいです。
―10年後のジブンはどんな姿でしょうか?
どこかオフィス街じゃないところに自分の事務所兼家を作って世界各地で動いている仲間と連絡取り合いながら慎ましく暮らしたいですね。 「何か」を掴んでいる自分は、少し見えてます!
おすすめのアプリ・サービス
Slack
もうこれないと仕事になりません。 目的ごとの管理ってすごい大事。
Twitter
これは一つの検索サービスだと思ってます。 目的に対しての情報量がかなり得られます。
グーグルドキュメントシート
"みんなで使える表計算ソフト zoomなどで会議している時などの、会話の数値化や、言語化など、 会話だけで伝わらないことをわかりやすくみんなで共有できます。"

インタビュー一覧→